【オートチェス】シナジーtierリスト 解説付き PC版 【AutoChess】

PC版オートチェスのクイーンプレイヤーのマルコです。
この記事では私が考えるシナジーtierリストをtier1~3まで詳細な解説付きでお届けします。

tier1シナジー

今の流行りの構成です。
この構成が完成すれば安定して勝てるだけのパワーを持っています。

6メイジ3ドラゴン

冬のドラゴンフェアリドラゴンドラゴンナイト雷のエレメンタル光の老魔導士
天才魔導士リナ魔女リーライ岩のエレメンタル
解説

敵の魔法耐性を大幅に下げる6メイジのシナジーに戦闘開始時にドラゴンのユニットがすぐにスキルを使用出来る3ドラゴンのシナジーを組み合わせたいま人気の構成です。
高い範囲魔法ダメージで敵を一瞬で倒し、魔法攻撃から生き残った敵をドラゴンナイトが処理するという瞬間ダメージに優れた構成です。
この構成で終盤勝つためには、必要ユニットが☆2以上で確実にメイジ6が発動している必要があります。
通常のメイジ構成ではマナが溜まる速度が遅いフェアリドラゴンがすぐにスキルを使える為、魔法ダメージによる殲滅力が高まっています。
また、冬のドラゴンのスキルにより、タンク役がすぐにHPを回復できるため、タンクユニットの枠を最小限に抑え、残りの枠を全て火力要員やCC要員で構成出来る点も強みです。
タンク役は一度に大量の攻撃を受けてから冬のドラゴンのスキルによって回復するため、マナが急速に溜まります。
この特性を利用してゲーム終盤にタンク役である岩のエレメンタルをタイドハンターやクンカ☆2に変えてCC+メイジの高火力を狙う構成にする事も可能です。
(※タンク役は敵のサイレンスにかかる可能性が高いので実際にやる場合は注意が必要です。)
残りの枠は範囲ダメージを補うために影のデーモン☆2やゼウス、対ナイト用に謎のエレメンタル等を入れるようにしましょう。
敵の前衛ユニットが止まらない場合は☆2以上のマルスやクンカ等のタンク役のユニットを追加すると良いでしょう。

4ビースト6ウォリアー

タスカー人狼ライカンドゥームデーモン海賊王クンカトロルの戦将
スラーダーローンドルイドヴェノマンサーメデューサ
解説

6ウォリアーのアーマー上昇効果により強化された前衛ユニットに攻撃力上昇効果のある4ビーストを発動させ、耐久力+物理ダメージで押し切る構成です。
終盤は状況に応じてスラーダー+メデューサでナーガシナジーを発動させ、魔法耐性を上げるか
先に4ビーストを発動させ火力を上げるか柔軟に選択する事が出来ます。
魔法に弱い構成なので、メイジが多ければナーガシナジーは必須です。
トロルの戦将が☆2になっていてアサシンに苦戦している場合は、ダズル☆2を追加する事でダズルのスキル対象ユニットにアサシンを釘付けに出来る可能性があるので、アサシンのカウンターとしてオススメです。
ビーストクラスを持ったウォリアーのライカンとタスカーが揃っていて☆2が多い2ビースト6ウォリアーはレベル6~7の間は無類の強さを誇ります。
序盤から☆2のウォリアーがたくさん出来た場合に狙うのがオススメです。
終盤は4ゴールドのユニットを☆2にする事が非常に大事です。
中盤に強い6ウォリアーで連勝し、ゴールドに余裕をもって8レベルを迎え、そこからドゥーム、クンカ、トロルの戦将の☆2を揃えてまた連勝を伸ばしていくというのが、4ビースト6ウォリアーの理想的な展開です。
終盤にスヴェン☆2を採用すれば、滅多な事がない限り1位になれるというロマンもあります。

6エルフ3アサシン

トレントの護り手ローンドルイドアンチメイジテンプラアサシン致命のアサシン
フリオンエルフの射手痛みのデーモン
解説

6エルフのシナジー効果で通常攻撃を回避しつつ、火力の高いアサシンで殲滅する構成です。
アサシンシナジーと6エルフのシナジーが両立出来るレベル7~8になってはじめて強い終盤の構成です。
レベル6の時に無理に6エルフを出そうとすると、火力不足により負けてしまうでしょう。
また、アサシンが敵を倒す時間を稼ぐためにドルイドクラスであるトレントの護り手、ローンドルイド、フリオンが☆3になっている必要があります。
ドルイドが弱い6エルフは本当に弱いので、ドルイドの揃いが悪い時は無理に目指さない方が賢明です。
序盤アサシン構成でプレイしていてドルイドの揃いが良い時や、連敗戦術でドルイドの揃いが良い時に狙いましょう。

tier2シナジー

tier1よりも劣るもののユニットの☆数や相性次第でtier1の構成も十分対抗出来ます。

6ナイト3ドラゴン

デーモンナイトトロルの蝙蝠騎士エルフの騎士ルナオムニナイト不死の騎士王
ドラゴンナイトフェアリドラゴン毒の古竜
解説

6ナイトのシールド効果でメイジに強く、3ドラゴンの効果でドラゴンナイト☆2を戦闘開始時からドラゴンの状態で使い、範囲攻撃によって敵を殲滅するナイトのゲーム終盤の構成です。
最近のパッチでシールドの物理耐性上昇効果が弱まったので、4ビースト6ウォリアー、6エルフ3アサシンには若干不利です。
6ナイト3ドラゴンを揃えた状態でドラゴンナイトを☆2する事が何より重要です。
☆1の状態ではまともに機能しないため、8レベルに上げたら多少強引にでもドラゴンナイトを引きにいきましょう。
レベル8になる前にドラゴンナイトが1~2体持っている状態が理想的です。
ドラゴンナイトを持っていない状態から狙う構成としてはリスクが大きいため、☆2が出来ずそのまま火力不足で負ける事も良くあります。
ドラゴンナイト☆2が出来た後は、デーモンナイトを☆3にするかレベル9でもう1体ドラゴンナイト☆2をする事が出来ればその後もかなり安定します。
ドラゴンナイトが2体揃わなくても不死のネクロ等のアンデッドを入れてアンデッドシナジーを発動すれば全体的に火力アップするので、ウォリアーやエルフ相手に勝てる可能性が高まります。

6エルフ3ハンター

トレントの護り手ローンドルイドアンチメイジエルフの射手ミラーナ
フリオンテンプラアサシンメデューサ
解説

6エルフシナジーのハンターバージョンです。
アサシンよりも最終的なパワーは劣りますが、序盤に☆2が揃うと強い3ハンター構成から移行でき、ハンターユニット☆2の揃いが良い場合や、周りにエルフ構成を目指すプレイヤーが多い場合は、エルフに強い6ハンターを目指せるので、アサシンよりも柔軟性に優れます。

6ハンター

不死の射手ビーストマスターエルフの射手スナイパーメデューサ
タイドハンター盾の神マルス不死のネクロ海賊王クンカ
解説

6ハンターの効果で通常攻撃力を極限まで高めるハンターの最終構成です。
マルスで敵の前衛を足止めしつつタイドハンター、メデューサ、クンカのCCで敵を行動不能にし、その間に敵ユニットを1体ずつ排除し、火力で圧倒します。
火力で圧倒する構成のため、ユニットの☆の数が非常に重要になります。
終盤レベル8からは最低でもタイドハンターを除く全てのハンターが☆2の状態で不死の射手☆3+ビーストマスター☆3かスナイパー☆3がいなければ安定して勝つことは難しいです。
また、タイドハンターを引けるまでナーガシナジーが発動しないため、メイジに対して不利です。
タイドハンターが引けない場合はミラーナを代わりのハンターとして使ってハンター6にする必要があります。

3ハンター3ウォリアー

不死の射手エルフの射手メデューサドゥームデーモン海賊王クンカ
人狼ライカンローンドルイド
解説

ハンターがそこそこ揃っていてウォリアーの揃いも良い時に目指す構成です。
4ゴールドのウォリアーの耐久力とそこそこの火力でじわじわ敵を倒していきます。
ウォリアー構成なので、余った枠にスラーダーを採用すれば簡単にナーガシナジーを発動させることができ、ウォリアーとローンドルイドの基本HPが高いので、6ハンターの理想的な構成よりもメイジに対して強いです。
全て☆2で揃えられれば終盤も安定しますが、コスト4ユニットが多く、ゴールドを大量に消費するのが難点です。

tier3シナジー

tier1の構成に不利なので、よほど先行している状態でないと1位にはなれませんが、4位以内を目指せる可能性はあります。

4オーク3メイジ

アックス剣聖ジャガノビーストマスターオークの占い師雷のエレメンタル
影のデーモン魔女リーライ光の老魔導士
解説

4オークシナジーによってオーク種族のユニットのHPが600も上昇するので、圧倒的な前衛の耐久力と魔法範囲ダメージで戦う構成です。
オークの占い師がいるのでメイジに対して有利ですが、HPの高いビーストウォリアー、エルフに対しては不利です。
ジャガノのスキルは魔法ダメージなので、☆3になると超火力が出ます。
オークメイジをやるからには是非☆3を目指しましょう
最新パッチでビーストマスターのスキルがダメージスキルから召喚スキルに変更されたので全体的に加力不足が否めません。
残りの枠には火力を補助するメイジもしくは強力な魔法スキルを持ったユニットを入れると良いでしょう。

4トロル3ナイト3ウォーロック

トロルの戦将トロルの医者ダズルトロルの蝙蝠騎士デーモンナイト
不死の騎士王不死のネクロゴブリン錬金術師
解説

4トロルで全ユニットの攻撃速度アップに防御力の高いナイトを加えウォーロックのライフスティール効果で体力を回復しながら戦うトロルを軸にした構成です。
不死のネクロを入れるとついでにアンデッドシナジーが発動するので、
レベル7の段階でナイト3が出来ていたら不死ネクロを追加すると良いでしょう。
完成すると圧倒的な攻撃スピードでどんどん敵が倒れていくので使っていて楽しいですが、メイジには圧倒的不利なので、メイジが多いと全く機能しません。
この構成を目指すときには周りの状況をよく確認しましょう。

tier4シナジー

完成すれば強いですが、完成タイミングが遅いので、そこまでに敗北する事が多々あります。
ギャンブル要素が強いので安定を求めるならtier1~2の構成がオススメ

神メイジ

盾の神マルスゼウス雷のエレメンタル魔女リーライダズル
オークの占い師メデューサ不死のネクロ
解説

神のシナジーによってスキルのクールダウンを1/4にし、絶え間ないCCと魔法ダメージで敵を圧倒する構成です。
完成した神は滅多な事では負けませんが、完成にはレベル8以上で出現するゼウスを引く必要があり、さらに絶え間なくCCを使うためにはマナ回復アイテムが欠かせない要素になるので、非常にギャンブル性が高いです。
また、神以外の種族シナジーが発動していると神の効果が消えてしまうので、構成難易度が高いです。(デーモンやドワーフ、オーガのような1体で発動する種族のユニットを組み込むのは厳禁)

6ゴブリン

クロックワークティンカーゴブリン賞金稼ぎティンバーソーゴブリン錬金術師
地雷工作員
解説

ゴブリンバフが全てのユニットにつく完全体ゴブリンです。
神と同様にレベル8以降に5ゴールドのユニットの地雷工作員が引けないと完成しません。
☆2ユニットが序盤から揃えば中盤まで連勝を続ける事が出来ますが、中盤~レベル8以降に地雷工作員を引くまで他のシナジーに圧倒されるでしょう。
6ゴブリンが完成したとしても魔法耐性が上がるわけではないので、メイジには不利です。
何を入れても強力なバフが発生するので、ウォーロックを2体足したウォーロック構成、メイジを足したメイジ構成、恐怖のデーモンを採用したデーモンハンター構成等、色々な組み合わせがあります。

6アサシン3エルフ

ゴブリン賞金稼ぎ水のエレメンタル痛みのデーモン毒の古竜致命のアサシン
テンプラアサシントレントの護り手ローンドルイド
解説

6アサシンの最終構成です。
☆3をどれだけ多く作れるかで勝負が決まります。
レベル8で止めてもいいですが、☆3が揃い始めてはじめて完成と言えます。
呪われた吸血マスクとブラックキングバーを装備した致命のアサシン☆3が出来れば、1位を目指せる可能性があります。
エルフには圧倒的に不利なので、注意しましょう。
序盤から賞金稼ぎ☆2や痛みのデーモン☆2等が出来た時に狙うと良いです。
中盤まではゴブリン3のシナジーと一緒に3アサシンを使うとかなり安定します。
ドルイドの引きが良く、致命のアサシン、テンプラアサシンが揃っているならエルフを目指しましょう。

デーモンハンター


アンチメイジ
恐怖のデーモン影のデーモンドゥームデーモンスヴェン
不死の悪霊使い不死のネクロゴブリン錬金術師
解説

2デーモンハンターの効果でどれだけデーモンを入れてもデーモンシナジーが常時発動します。
この構成にスヴェン☆2が出来れば滅多な事では負けません。
スヴェンがいなくても恐怖のデーモン☆3が出来ればかなり上位を目指せます。
序盤に恐怖のデーモン☆2とアンチメイジ☆2がいるなら狙ってみると良いでしょう。
中盤ウォーロックのためにヴェノマンサーを採用する選択肢もあります。
いくらデーモンが揃ってもメイジ相手は不利なので、メイジが多い場合は諦めて一般的な構成をした方が良いでしょう。

コーチ情報

マルコ

マルココーチプロフィール

 

 

実績

PC版オートチェス、シーズン1クイーン(981位)

以前はゲームプランナーとしてゲーム開発の仕事をしていました。
仕事上ゲーム初心者の方のプレイを観察し、初心者の方が躓きやすい点の分析や、
初心者の方に対して分かりやすい説明をするにはどうしたら良いかという事を常日頃から考えていた経験がありますので、
その経験の強みを活かしたコーチングを行います。

コーチングはこちらから

The following two tabs change content below.
GamerCoach攻略班

GamerCoach攻略班

プロゲーマー、トッププレイヤーによる実力向上に役に立つコンテンツを配信します。