【フォートナイトBR】建築テクニック feat Mukai【Fortnite】

フォートナイトバトルロイヤル(PS4/PC/スマホ 日本語対応版)で建築のテクニックをコーチMukaiが解説します。

建築テクニック1. 二段階段+屋根

上を取り返す際、当然ですが登る段階で相手からの被弾を最小限に抑えたいです。その場合使えるのがこちらの上下の階段+屋根のテクニックです。

自分の上と下に階段を出して相手の上からの射線を遮りなおかつ自分が登っている階段を破壊されないようにできるというメリットがあります。これを行うためには自分が今いる場所の上と下に階段を立てるための建造物が必要です。

これは登りすぎると相手に上下の階段どちらも壊され落下させられる恐れがあるため2段階ほど登った後で相手側に階段を立て射線を遮った後、階段を立て上を取り反撃に移りましょう。

屋根を置く理由はもし相手が自分の上の段の階段を上っていた場合相手の進行ルートをふさぎ登れないようにすること、そしてもし相手が自分と同じ高さにいる場合、屋根を先においておくことで少しでも相手との射線を切ることが可能です。

立てる順番は画像の通りで4番の階段を立てた後にすぐに5番の屋根を置きます。その後7番でくるっと周りに一周壁を張り8番で床と相手の方向を向いた階段を立てて反撃するという流れになります。

建築テクニック2. 資材が少ないときの二段階段

2段階段を行いたいけど資材がないというときにこのテクニックは使えます。最後の下の段の階段を編集で反対方向に向けながらジャンプすることで資材を使わずに相手の方向に反転できます。

反転した段階で階段が相手のほうに向き射線が切れているのですぐに反撃に移れます。この方法は失敗すると下に落ちてしまうため基本的にはテクニック1の方法で反転したいです。

建築の順番は1番の下の階段から立てていき上下の階段を立てながら5番の階段を立てて編集するという流れになります。

建築テクニック3. 垂直に上る

垂直に上るためには壁2枚、床、階段を張れば登れます。これを高速で行えば階段をまっすぐ登るのと同じスピードで建築できるので是非練習しましょう!
この建築で初心者の方にありがちなミスは壁を張っていない方向に階段を立てようとして奥に階段が立ってしまうパターンです。階段を自分のいるマスに収めるためには壁を張っている方向に階段を立てる必要があります。

階段を張る際に向いている方向に壁がない場合自分のいるマスではなく奥に建築されてしまうことがあります。

敵の1手先を読んで進路をふさぐ

高いレベルでの戦いになると相手が次何をしたいかを考えてそれをつぶす建築が必要になってきます。

上を取った時は敵の建築を上げさせない、ふさぎに行くことが必要です。そして敵の建築を見てふさぎに行くのではなく敵の建築の先をよんでふさぎに行きましょう。例えば敵が階段を立てていてこの進行方向だったらここに次ぎ敵が来るからそこをふさいでそうしたら相手はここを登ってきそうだから~~と相手の行動を考える必要が出てきます。

逆に敵がふさいできた時のことを考えて自分も敵の次やってくることをよんで自分の対応を考える必要があります。敵の先をよむ建築については文章で伝えることが難しいのでコーチングでお伝えできればと思います!

コーチ: Mukai

アジアスクリム優勝
シーズン5 デュオ、スクアッドのKPM(1試合平均キル数)6以上
Overwatchでは、オフライン大会に出場、多数優勝経験あり
Fortniteは、少し建築のスキルを学ぶだけでとても楽しくなります。
なので、簡単な建築スキルから難しい小技要素のスキルまで対応変えていきたいと思います。
楽しくゲームしましょう!
プレー動画を見ながら改善点を洗い出しビクロイを取れるようにお手伝いさせていただきます!

Twitter

Youtube

 

The following two tabs change content below.
Mukai

Mukai

アジアスクリム優勝 Overwatchでは、オフライン大会に出場、多数優勝経験あり Fortniteは、少し建築のスキルを学ぶだけでとても楽しくなります。 なので、簡単な建築スキルから難しい小技要素のスキルまで対応変えていきたいと思います。 スケジュール等は、 Gamecoachでメッセージください。 楽しくゲームしましょう!気になることがあれば動画張ってもらえれば対応させていただいきます。