【シャドウバース】ウィッチのススメ【Shadowverse】

はじめに

こんにちは。ウィッチ6500勝、毎期ウィッチ専グラマスの男わしニキと申します。

“マナリアコントロールの人”

といえば多少はご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね笑

自分の記事では主にローテ環境で使えるレシピをこちらでお届けしていこうと思います。

というわけで、今回は1本目ということで僕の代表作でもある”マナリアコントロール“について書いていきたいと思います。

 

紹介レシピ1”マナリアコントロール”

レシピと目指すべきプラン

まずはレシピを見てみましょう。

マナリアコントロールは従来のマナリアに比べ、直接打点が少なく、その代わりにドロソやスペルブーストを利用する除去にリソースを割いています。あくまで”アンの大魔法“によるリーサルがこのデッキの終着点なので、ゲームの序盤~中盤に相手の顔を無理に削るプレイをする必要がないためです。

前環境のマナリアでは”呼び覚まされし禁忌”を進化して無理やり顔を殴ることで、盤面の処理を強要しつつ打点を刻むことができましたが、今環境のローテでは序盤に場持ちのいい高スタッツフォロワーがウィッチに存在しません。

なので、無理に顔を詰めるよりは大魔法に繋げるためにフォロワーは全て除去に使うくらいの気持ちでプレイすることがマナリアコントロールにおいては重要になります。

フォロワーをとるか顔に行くかで迷ったらフォロワーを取りに行く選択を癖づけて動くべきです。

このデッキのサブプランとして、アンやミラなどのコストが下がるマナリアフォロワーを絡めた横展開で押しつぶすプランがあります。後述しますが、このプランはあくまでサブで慣れるまではアンの大魔法のリーサルのみを狙う方がこのデッキの感覚を掴みやすいと思います。

 

マリガン

最優先

・ミラ、オーウェン

優先

・ジル、マナリアの知識、精神統一※

絶対返すカード

・アン、才能の開花

マリガンは基本上記のカードを残し、または探しに行くのがおススメです。

が、このデッキのマリガンは少しトリッキーな部分があります。それは、特に先手時にハンドがドロソ含むスペル3枚だった場合はキープした方がいいというところです。

レシピの部分でも触れた通り、このデッキはあくまでコントロール。リソースを蓄え、相手の攻撃をいなしながら10tの大魔法に向けて備える。つまりそれまでにフォロワーで顔を詰める必要もない上に、手出しの除去は潤沢にあるのでギガントキマイラ軸のスペルウィッチのような戦い方をします。

なので、ミラ、オーウェンを単騎で持つような中途半端にマナリアに寄せたマリガンをするよりは、それらを返してでもスペルウィッチのような手札を取りに行く方が中盤のハンドの期待値が高くなると僕は考えています。

精神統一に※をつけた理由は、後手では絶対に返すカードだからです。先手時かつ、知識やジル、ウィンドブラストなど統一を打つ隙をカバーできるを引けている場合にのみキープできる、いわば欲張りマリガン用のカードですね。

ヴァンプ対面など序盤のテンポロスがそのまま敗北につながるようなマッチでも当然キープはできません。

次に、絶対返すカードに挙げた2枚ですが、才能の開花についてはキープする人はそもそもいないと思うので説明を省きます。問題はアンです。

おそらく多くの人は返していると思いますが、アンを返す理由を敢えて明確化してみます。まず、出せるターンが最速で5tなのに5tで出しても何にも強くないというところです。ドロソが多いのでアンは複数引けるものとして、1枚目のアンでは基本2枚目が見えていなくても大英霊をとることが多いのですが、大英霊そのものは1:1交換以上はできないため、直接的なアドを取れるカードではありません。大英霊は横展開に添えることで盤面で処理しにくくする、つまり横展開が伴って初めてテンポアドを生むカードです。ここがポイントで、まずそもそもこのデッキは積極的に横展開をすることを良しとしません。なぜなら展開して処理され打点が足りなかった場合に、残りのライフを詰める手段が乏しいからです。加えてこのデッキはスペルとマナリアのハイブリッドなので事故パターンが他のアーキタイプに比べて多いです。なので、極力事故パターンは減らすべきだというところにおいてもアンは返すべきです。

 

横展開プランについて

今環境のマナリア系のデッキを使ったことのある方なら、ミラやアンを絡めた大量展開、いわゆる”ドロシープラン”を取ったことがあると思います。絶妙なスタッツのフォロワーを相手の盤面を処理しながら叩きつける快感は天地が逆さになるような絶頂感を伴いますよね。

ですが、このデッキにおいてはそれで押し切れるorライフに余裕があるor有利盤面を形成している場合を除いては無暗に展開するのをよしとしません。

というのも、再三いいますが目指すべきは”アンの大魔法によるリーサル“だからです。

その目的を達成するためにいかに10tまで繋げるかを考えると、展開するのにベストなタイミングが必ず存在します。

 

それは、相手のデッキのキーカード(パワーカード)の前ターンです。

 

対面がネクロだと仮定するならアーカス、ロイヤルならレイサム、ウィッチならギガキマの前ターンということになりますね。当然ながら、相手側もキーカードを着地させるために盤面構築してくるので、言葉でいうほど簡単にはいきませんが、特に1t凌げばリーサルが取れるギガキマ戦ではこの牽制のための展開がかなり活きます。

リーサルターンの都合上、マナリアコントロールはギガキマに不利だというのをしばしば見かけますが、その実、マナリアとギガキマのマッチアップは明らかにマナリアのほうが有利です。

なぜなら、横展開をキーカード(ギガキマ)の前ターンで一斉にやることでほぼ必ずリーサルをずらせるからです。それと同じ要領で、あらゆる対面で相手のキーカードをずらし続けるために、0になったからといってフル展開してしまわず処理にppを使い切らせるラインで小出しに展開していく”牽制のための展開”というのがこのデッキを使う上での重要なポイントになります。

コーチ情報

わしニキ

実績

ウィッチ6000勝
毎期ウィッチ専グラマス
全ての環境でウィッチを使い続け特に超越、ギガキマには誰よりも造詣が深いと自負しています。
ウィッチを使うことやウィッチとの相手が苦手な方、ウィッチを使い慣れているが更に腕をワンランク上げたい方はぜひお声かけください。

The following two tabs change content below.
washiniki

washiniki

ウィッチ6000勝 毎期ウィッチ専グラマス 全ての環境でウィッチを使い続け特に超越、ギガキマには誰よりも造詣が深いと自負しています。 ウィッチを使うことやウィッチとの相手が苦手な方、ウィッチを使い慣れているが更に腕をワンランク上げたい方はぜひお声かけください。