【OW】プロのザリア講座!スキル、立ち回り、アビリティ解説【オーバーウォッチ】

この記事ではザリアのスキル、立ち回り、アビリティをGreen Leaves Overwatch部門所属ten選手が解説します。

ten選手

ten選手

Green Leaves Overwatch部門所属

最高レート4565、アジアサーバーにて27位を達成

【公式大会実績】:2019 Overwatch Open Division Season2 / Contenders Trials優勝

選手紹介

日本Overwatchに彗星の如く現れたモンスターDPS。その名が示す通り、天性の才能を有した、天衣無縫のプレイヤーである。そして何よりも彼を支えるのは胸に宿る熱き魂だ。青く萌ゆる情熱と、橙に輝く天賦の才を兼ね備えた一流の戦士は、見る者すべてを釘付けにする炎となるだろう。 tenの活躍を一瞬たりとも見逃すな。彼が頂点を取る日はすぐそこまで迫っている。

公式サイトより引用

ザリアの強み

ザリアの強みはDPSのような火力をタンクで出せることです。エネルギー最高チャージ時のパーティクルキャノンは秒間190ダメージとソルジャーと同程度の火力を出せます。

またバリアを張って味方を助けることが出来ます。即座に味方に200のバリアを2秒間張ることで相手の計算を崩すことが出来ます。アナのバイオティック・グレネードの回復疎外効果をザリアのバリアは唯一消すことが可能です。

半分DPSのようなタンクヒーローです。

ザリアの弱み

ザリアはタンクで唯一アーマーが付いていません。そのため、ほかのタンクと違ってダメージ軽減効果がついておらず体力も400のため非常に柔らかいヒーローです。
また、D’vaやウィンストンのように移動スキルもなく高台を取ることが出来ません。

ザリアはエネルギーを貯めて高火力を出すことで強みを発揮できます。しかし、逆に言うとエネルギーが低い状態では全く火力を出せません。

 

スキルの使い方

パーティクルキャノン:ビーム R2(左クリック)

弾数 範囲 ダメージ リロード
100 15m 秒間95~190 1.6秒

 

1人の相手を狙いたい場合、不和のオーブが付いた敵を狙いたい場合に使用します。特にD’vaを相手にした場合、ディフェンスマトリックスでレーザーを消すことが出来ないため積極的に狙っていきましょう。

ザリアを使用する場合、レーザーのエイム練習は非常に重要です!敵を狙う精度によって大幅にダメージ量が変わってきます。また、レーザーがどこまで届くかもBOT撃ちなどで感覚をつかんでおきましょう。

パーティクルキャノン:ボム L2(右クリック)

弾数 範囲 ダメージ リロード
100/25消費 1~2m 47~95 1.6秒

 

ボムは範囲攻撃なので相手の固まっているところに投げるのが基本です。範囲攻撃でダメージ、アルティメットゲージを稼いでいきましょう。ボムはレーザーが届かない場所の相手に届かせることが出来ます。

相手の体力が残り少なくなった時はボムを使いましょう。瞬間ダメージがレーザーを打ち続けるよりもボムのほうが高いためとどめはレーザー→ボム→(届く距離なら)近接攻撃で倒しきりましょう。

パーティクル・バリア L1(シフト)

バリア量 持続時間 クールダウン
200 2秒 10秒

 

パーティクルバリアは即座に自分に200のバリアを張るスキルです。2種類の使い方があります。

・エネルギーを貯めるため
・自分を守るため

エネルギーを貯めるための使い方のコツは敵の球を見てから使うことです。ジャンクラット、ファラなど着弾までに遅延がある攻撃を利用してエネルギーを貯めていきましょう。
逆にソルジャーやマクリーなどの即着系の攻撃はエネルギーを貯めづらいです。

エネルギーを貯める際に体力が減った後にバリアを使う人と、体力が減る前に使う人がいますが基本的に体力を減らしてしまうことはNGです。ヒーラーに負担がかかりフォーカスを浴びて倒されてしまうかもしれません。特に敵にウィドウメーカーとハンゾーがいるときに体力を減らしてしまうのは危険です。それぞれヘッドショットでのダメージが250以上あるため油断するとすぐ倒されてしまいます。

相手から守るために使うときに気を付けたいことは相手のアルティメットスキルを考えることです。
D’vaの自爆、ジャンクラットのR.I.Pタイヤ、トレーサーのパルスボムなど気を付けるべきスキルは複数あります。これらのスキルを相手が持っているときは距離があるときにバリアを使いエネルギーを早めに貯めてしまいましょう!安全にエネルギーを貯めて、集団戦中はバリアをキープして敵のスキルに備えましょう。

出来ればバリアは両方残しておきたいです。エネルギーを貯めることは当然として、80パーくらいあれば両方残しておきましょう。60,50でも戦えるので相手が警戒すべきスキルを持っている場合は、片方は残して戦いましょう。

バリア・ショット R1(Eキー)

バリア量 持続時間 クールダウン
200 2秒 10秒

 

パーティクル・バリアと同じシールド値200のバリアを味方に張ります。

バリアの基本的な考えで必ず押さえておきたいことですが、敵と当たり始めて近距離でエネルギーを貯めることは遅いです!近距離では必ず守るために使いましょう。
相手のスパムを利用して遠距離でエネルギーを60以上必ず貯めて、近距離ではバリアを無駄遣いしないようにしましょう!
相手のパルスボムなどのスキルから味方を守ることは当然ですが味方のウルトを有効に使うためにもバリアを張ってあげましょう。ファラのバレッジ、ゲンジの龍撃剣などウルト発動のボイスが聞こえたら反応して張りたいです。

これは高度な使い方ですが味方とボイスチャットでコミュニケーションを取れる場合は、当たる前に連携してエネルギーを貯めましょう。ラインハルトやD’vaなど、ヒットボックスが大きいヒーローと連携を取ると簡単にエネルギーが貯められます。

味方にドゥームフィストがいる場合は攻撃のタイミングで必ずバリアを張ってあげましょう!ラインハルトなど他のヒーローにつけるよりも最もバリアの効果を発揮できます!ドゥームフィストにバリアを張るメリットは

  • エネルギーを貯める効率がいい
  • ワンピックを取れる確率が上がる(とても強い)
  • ドゥームフィストがスキルを成功させると体力が大幅に上がりタンク並みの体力になる
  • ドゥームフィストはスキル発動時に倒されやすいがバリアで相手の計算を崩すことが出来る

といいことずくめです。シナジーが非常に高いので必ずバリアを張りましょう!

味方、敵のタンクが両方ラインハルト、ザリアの場合はバリアショットの使い方は注意が必要です!
できる限り相手がバリアを使った後にこちらも使うようにしましょう。
先にバリアを張ってしまうとアナのバイオティックグレネードをラインハルトが食らってしまった時に回復阻害を消すことが出来ません。また、相手がバリアを残した状態でこちらがバリアがないと相手のラインハルトにフリーで殴られてしまいます。近距離でバリアを適当に使うことは非常に危険です!
逆にそれを生かして相手がバリアを使ったら味方のラインハルトにバリアを張り、殴らせて体力とウルトの有利を取ることが出来ます!できる限り相手のバリア状況をラインハルトにVCで伝えてあげて有利を取っていきましょう。

グラビトンサージ発動時は一気に両方のバリアを使ってダメージを取りに行きましょう。味方のラインハルトにバリアを付けてあげると安全にダメージが稼げます。

ten-onepoint-advice

tenのワンポイントアドバイス!

・近距離で適当にバリアを使うのは危険!当たる前に60はエネルギーを貯めておこう
・ドゥームにバリアを張るのはめちゃくちゃ強い!味方とのシナジーを生かして効率よくエネルギーを貯めよう

 

グラビトンサージ △(Qキー)

graviton-serge 範囲 持続時間 ダメージ クールダウン
半径6m 4秒 22 10秒

 

グラビトンサージを打つと相手をまとめることが可能です。しかし、多くの敵をまとめようと狙いすぎるあまり、打たないというのが一番よくありません。一人しかまとめられない状況でも味方と一緒に火力を出せて、確実に倒せるタイミングなら積極的に打っていきましょう!後ろの味方の火力がどれだけ通っているか考えることも重要です。できる限り多くの射線が通っている場所でウルトを発動しましょう。

高いレベルのD’vaは常にザリアのグラビトンサージを消すことを狙っています。それに対抗するため、私は、真下にビームやボムを打つというフェイントをよく使います。相手が警戒しているなと思ったらこういったフェイントでマトリクスを無駄うちさせましょう!

相手に心頭滅却やサウンドバリアがあって、味方に龍撃剣がある場合、両方一気に使って一つのカウンターウルトで返されるという状況は最悪です。
これらの場合では味方とコミュニケーションをとりながら先にグラビトンサージを使う→相手がカウンターウルトを使う→カウンターウルトが終わったタイミングで龍撃剣を使うという流れが理想です。相手のウルト状況、味方のウルト状況を考慮してコミュニケーションを取りながら最大限チーム全体で効果を発揮できるウルトの使い方をしていきましょう!ウルトをかぶらせないことは非常に重要です!

グラビトンサージ発動時は一気に両方のバリアを使ってダメージを取りに行きましょう。味方のラインハルトにバリアを付けてあげると安全にダメージが稼げます。

ポジショニング

ラインハルトがいたらラインハルトの後ろで安全にエネルギーを貯めながら火力を出しましょう。ザリアは基本的に孤立してはいけません。味方と離れてしまうとバリアショットが有効に使えませんし、狙われたら移動スキルがないため簡単に倒されてしまいます。

バリアを使った後はダメージを抑えるため壁などの遮蔽物を有効に使いましょう。バリアが上がり次第また前に出て。。と繰り返して被弾を抑えることが必要です。バリアがあるときでもダメージを食らってしまうことはよくないです。ヒーラーに負担をかけてしまいます。ザリアを使う際は自分のことをタンクと思わずプレーすることが重要です。ほとんどDPSのように考え、甘えない立ち回りで被弾を抑えましょう。

ピックする基準

ラインハルトがいたら相方のタンクはザリアがおすすめです。またドゥームフィストがいる場合もシナジーが非常に強力なので積極的に出していきたいです。

覚えておきたいコンボ

ボムパンチ

ボムの後即座に近接攻撃を使うことでボムを連続で打ち続けることとほとんど変わらないスピードで近接攻撃を打つことが出来ます。つまり、近接攻撃分のダメージをフリーで与えることが出来ます。詳細は下記の講座動画の7:49から解説してあります。

ドラゴンサージ

ハンゾーの龍撃波とザリアのグラビトンサージは非常に相性がいいです。相手に心頭滅却、サウンドバリアがない限り二つのウルトを合わせれば確実にキルできます。ザリアのウルトはアースシャター、バレッジ、パルスボム、メテオストライクなどほとんどのウルトと合わせることが可能です!これらのウルトの上がり具合を見てコミュニケーションを取りながら使っていきましょう。

おわりに

Youtubeも見てね!

選手情報

ten選手

ten選手

実績

トッププロチームGreen Leaves Overwatch部門所属

最高レート4565

アジアサーバーにて27位を達成

【公式大会実績】:2019 Overwatch Open Division Season2 / Contenders Trials優勝

Twitter: @tenhakkyou

Youtube

Green Leaves公式サイト

当記事はten選手へのインタビューをGamerCoach攻略班が編集した記事になります。

オーバーウォッチのコーチングはこちらから!

 

関連記事

【オーバーウォッチ】ラインハルトの立ち回り、使い方解説featろく6935【Overwatch】

【オーバーウォッチ】ドゥームフィストの立ち回り、スキル解説 feat V3ろろみや【Overwatch】

The following two tabs change content below.
GamerCoach攻略班

GamerCoach攻略班

プロゲーマー、トッププレイヤーによる実力向上に役に立つコンテンツを配信します。